ブランドとは

ブランドは、顧客の立場では選択の拠り所となったり、使用する上での満足を高める機能を果たすほか、他の製品やサービスを探す作業を省くことができ、効率的な購入に繋がる効用を持っています。ブランドを提供する企業の立場では、顧客から確かな品質や魅力を発信することにより、安定的かつ長期的な収益を得る基盤となり得るものとなります。ブランド力が高まればそれが付加価値となり、価格設定を引き上げる、他メーカーとの競合の上で優位な立場に立てる、などの効果も発揮します。私たちはブランドネーム企業ロゴマークなどからブランドを認識していますが、こういった要素に留まらず、そのブランドから想起される企業イメージや価値観などからもブランドというものは構築・形成されています。

このようにブランドは、有形と無形の複合的な要素によって成り立っているため、短期的に、容易にブランドを確立できるものではありません。長い年月をかけ築き上げた信頼や利便性、顧客満足度の向上などの企業努力を積み重ねることで社会的評価が高まり、その製品やサービスの「~らしさ」が定着していくことでブランド価値が形成されていきます。

人は何を言ったか、何をしたかについては正確に覚えていないものです。しかし、どのように感じたか、認知したかについてはより覚えているものです。それゆえに、マーケティングではブランドを創造することが重要であると考えられます。このサイトではブランドの創造やブランディングについて説明します。