Author Archives: admin

ブランディング

ブランディングとは、顧客などに対し、これまでとは違った影響をもたらすような活動を指します。顧客が興味を持つような、より良いブランドを創造するためには、企業は顧客や市場にととまらず、社内や株主などにも影響を及ぼす必要があります。ブランディングの役割は、ユーザーに対してその認識価値を上げていくことです。そして、このブランディング力が強い企業では、割引する必要もなく常にプレミアム価格で顧客の継続的な購買の動機づけが行えます

日本における企業CMではタレントなどを起用することが多いですが、これは世界的に見るととてもユニークな特色です。企業イメージに合ったタレントを起用することで外部の力を借りてブランド構築を図るという手法で、ブランドアソシエーションという戦略にあたります。

ブランディングでは重要な要素が3つあります。コンセプトターゲティングポジショニングです。ユーザーがその商品を持つ価値やメリットがコンセプトによって決まり、顧客対象を絞ることで価値が伝えやすくなります。ポジショニングはこの中で最も重要で、これは商品やサービスをどの程度の規模で提供するかによって市場のポジショニングが変わります。

 

ブランドの創造

顧客にとってブランドは、時に自身を表す代名詞の役割も担っています。ブランド品を身に着けたりすることを自己アピールの一つの手段と考える人も多いです。有名人があるブランドを好んで身に着けていたりすると、そのブランドのイメージも大きく影響を受けることもあります。例えば憧れのスポーツ選手が持っている時計やバッグなどをお揃いで購入する人も多くいます。このように、ブランドは企業側だけでなく、消費者によってもそのイメージがつくられていきます。

ブランドを作る上で最初にしなくてはならないことは、自分たちの商品やサービスが他と比べて勝っているところはどこか、を明らかにすることです。マークやロゴを考えるよりも前に、素材の差別化も必須条件となってきます。他の素材とは明らかに品質が高いという保証や信頼があれば、顧客にとって魅力であり、かつ安心できる要素となっていきます。

特に重視すべき点は、「誰に提供するのか、何がブランドそのものなのか、そのブランドの存在意義は何なのか」です。市場やお客さまが抱くイメージを敏感に感じ取り、長期にわたって良好な関係を築いていくことが非常に重要です。絶え間ない努力と顧客の声にどれだけ耳を傾け応えていけるかがカギとなります。

ブランドとは

ブランドは、顧客の立場では選択の拠り所となったり、使用する上での満足を高める機能を果たすほか、他の製品やサービスを探す作業を省くことができ、効率的な購入に繋がる効用を持っています。ブランドを提供する企業の立場では、顧客から確かな品質や魅力を発信することにより、安定的かつ長期的な収益を得る基盤となり得るものとなります。ブランド力が高まればそれが付加価値となり、価格設定を引き上げる、他メーカーとの競合の上で優位な立場に立てる、などの効果も発揮します。私たちはブランドネーム企業ロゴマークなどからブランドを認識していますが、こういった要素に留まらず、そのブランドから想起される企業イメージや価値観などからもブランドというものは構築・形成されています。

このようにブランドは、有形と無形の複合的な要素によって成り立っているため、短期的に、容易にブランドを確立できるものではありません。長い年月をかけ築き上げた信頼や利便性、顧客満足度の向上などの企業努力を積み重ねることで社会的評価が高まり、その製品やサービスの「~らしさ」が定着していくことでブランド価値が形成されていきます。

人は何を言ったか、何をしたかについては正確に覚えていないものです。しかし、どのように感じたか、認知したかについてはより覚えているものです。それゆえに、マーケティングではブランドを創造することが重要であると考えられます。このサイトではブランドの創造やブランディングについて説明します。